玄関を明るくする

よい気は明るい場所を好みます。玄関が暗いのはよくありません。狭く感じるような場所だと、外から入ってくるよい気もなかなか入ってきてくれませんね。

それから、味気ない昼光色の蛍光灯や古くてほこりだらけの電球などが取り付けてあるときは、掃除をして、新しいものに交換してみてはいかがでしょう?

明るい玄関は気分もとてもよいものです。

また、クリスタルや水晶をおいて暗い感じを払拭する方法もあります。そのような玄関も見たことがあるのではないでしょうか?

クリスタルや水晶もいろいろな大きさや形がありますね。

玄関に置く鏡の風水

一般に、玄関に鏡を置くと良いとされます。実際に、玄関に鏡のある家は多くあると思います。多くはお出かけ前に身だしなみをチェックする意味合いもありますが、風水のことを考えておいている家もあります。

玄関は家の顔、運気も玄関から入るとされています。この玄関の気を整えることが重要です。

そして、鏡は気を整えるアイテムとしてはとても便利なものです。

ここでは、どのように鏡を置くと良いか考えてみましょう。

まず、絶対にいけないのは、玄関の正面に鏡を置くことです。せっかく外から入ってきた運気が、跳ね返されて出て行ってしまいます。

それから、こんな家は見たことがありませんが、鏡を向かい合わせに置くのもダメです。気が鏡の間で往復するだけで、家の中にうまく取り込むことができません。

次に、より好ましい置き方について考えてみましょう。まず、運気は家の中で反時計回りに回っていくとされています。従って、玄関に向かって右の壁に鏡を置くと、玄関から入ってきた運気が、右の鏡で反射され、家の中でうまく回ってくれる助けになります。玄関は右の方にあるのが良いというのも、その理由の一つになります。

そして、玄関入ってすぐに階段のある家も見かけます。階段の壁に鏡を置くと、うまく運気が家の中を巡りやすくなります。特に右の壁に鏡を掛けて、家の中心に向くようにすれば好ましいのではないでしょうか。