統一感を大切にしましょう

風水には、いくつかの重要なアドバイスがあります。例えば、西に黄色いものを置くと金運に良いとか、玄関に鏡を置くと邪気を払うとか、聞いたことがあるかもしれません。

それだけ読んで、小さなところにこだわると、全体を見失ってチグハグなものになり、気がうまく流れなくなります。

あまりにも風水のアドバイスに固執して違和感を感じるようなものはよくありません。実際、違和感を感じるということは、気がうまく流れないということの証左です。

自分の感覚を大事にして、全体を見ながらうまくコーディネートできると良いですね。

きれいに保つこと

悪い気は、よどんでいるところ、汚れているものにたまります。

部屋の隅や家具にホコリが溜まったり見ると気持ちが落ち込んでしまうように思うことはありませんか?

そのような状態では、運気も停滞し、気持ちもうまく動きません。

まず、きれいに掃除をしてみましょう。

風水で心を動かそう

風が通らないと空気がよどみ、朽ちてしまいます。

人間の心も家も同じです。

心が動き、周りの良い投げかけに応えられるように、より良い状態で人生を決定していくことを楽しんでいきましょう。

過程を理解しよう

風水は、「あそこに植物を置いたらいい」のような形や見た目だけが大事というわけではありません。

キレイにしようとする思いやキレイに掃除することもとても重要です。

片付けや掃除を通じて心からキレイにしようとする心理学的なアプローチも試みられています。

心の動きが良くなればそれに連れて体の動きも良くなります。そして、周りの動きも知らず知らずのうちに良くなっていく、良い気を持ってくることができるのです。

まず、キレイにしよう

知っておきたい風水の話です。

風水では、汚れているものやホコリがたまっているところに悪い運気が貯まるといいます。

靴で歩いていると、床のドロドロした汚れや、ポットのお湯の上に雑巾をおいたままにしていませんか?

なにはともあれ、まず掃除をしてみましょう。気持ちが爽快になるとともに、良い運気がやってくるにちがいありません。