今日のいえーい!

不動産検索エンジンのいえーい!です

最近少し画面が変わりました。さりげなくやっているので気がつかないかもしれません。

b0303593_115594

 

変わったところはいろいろあるんですが、個人的にお気に入りなのは、アイコンをみれば何となくわかる、といったところです。

フローリング・バストイレ別・2階・フローリング・冷暖房完備・ガスコンロ・ロフト・オートロック・・・・・・」と言葉ではわかりにくい、といった声を聴いて作ってみました。

お風呂付きとか、ペット可とか、収納がいっぱいとか、何気ないのですが、一言でお風呂付きといっても、

「風呂付き」「お風呂」「バス」「銭湯不要(?)」なんて言葉を知的検索エンジンが判断しています。

「バス」といっても「バストイレ別」「バス・トイレ別」とは違いますし、「バス停5分」とも区別できるのが、地味に案外うれしかったりします。

さて、最近不動産の市況はやや↓向きです。なにやら都心から少し離れたところでは、マンションがほとんど売れない、という声もちらほら聞こえてきます。

実験で始めてみた不動産取引の概況ですが、やってみると意外と毎日動くものですね。

マンション販売は最後の3戸を売ってその3戸分で初めて利益が出るようなものですから、売れ残りは厳禁なんですよ。ほんとに。

 

b0303593_115563
 

新幹線の中からAir-EDGEで通信できるのか?

今日はクリスマスです。



ところで新幹線に乗っているとき、パソコンから通信するときはどのようにしているでしょうか?E-Mobileは使えない、携帯電話のはちょっと高いかも、N700系で無線LANが使えるのはもう少し先、そこで新幹線の中からウィルコムのPHSのAir-EDGEでうまく通信できるかどうかやってみました。



まず、用意するものは、

パソコン

データ通信カード(NetIndex AX530IN)

データカードアダプター(アイオーデータ USB2-PCADPG)


と、こんな感じです(写真1)新幹線の中から携帯電話で撮っています。

b0303593_115524


まず、このように(写真2)パソコンに直接通信カードをつけてもうまくいきません。窓のそばでないとうまくいかないようです。(写真はうまく撮れていませんが)

b0303593_115547

ノートパソコンを持ち上げて窓側にもっていくと、そこそこうまくつながるようになります。でも、長くもっているのはちょっと重いです。


そこで、データカードアダプターの登場です!!写真3のようになんと窓側に置くだけで、ちゃんと通信してくれるようになります。

b0303593_115542

重いファイルや重いHPは難しいですが、Googleの検索やメールくらいなら楽勝で通信して送受信してくれるようになりました。

時々パタッと倒れるので、たまたまこんな風に日よけと板を使って倒れないように置いてみました。(写真4)。

b0303593_115574

昔の「モデム」並の速度ですが、通信できるとできないでは雲泥の差、まずは成功!なかなか快適です。(某携帯電話会社のデータカードとは違う!)

300キロの新幹線からこんな感じの通信スピードです。途中トンネルに入って激遅くなってます

駅のアンテナがたくさんあるところよりは、田舎の田んぼが広がっているような場所が調子いいみたいです。
b0303593_115558

b0303593_115514

最後に、新幹線といえば新大阪駅(?)。
新幹線とデータ通信について、こんな記事もありました。
http://kamo.pos.to/dpoke/topcomment.cgi/willcom-area_20

そもそも「いえーい」とは何か?

不動産に関する検索エンジンの実験です(実験は終了しました)。

これでもって、不動産インデックスと、不動産情報についての研究を日々行っています。

不動産インデックスとは、株式でたとえれば、日経平均とか、TOPIXとか、株式でないものでしたら、WTI原油とか、そういう日々変わる数字を不動産でできないだろうか?ということで考えています。

これができるようになると、たとえば、不動産の投資をしたときに、成績がよかったときや、悪かったときに、不動産市場のせいなのか、それともその投資家の責任なのか、較べることができます。

簡単に言えば、不動産投資のマネージャーが、今年成績が悪かったときに、「いやー市況が悪かったですから」といいわけができたりするわけです。